オリジナル小説 - category -

ぼくは、窓際の席で暇だなと思いながら一つ上の学年の女子がグラウンドで体育をしてるのを眺めている時から、小説を書きたいと思っていた。

ページトップへ